COPY RIGHT 委員長コラム|ビジネス著作権検定 | 資格検定のサーティファイ│あなたのスキルアップを応援します|

ビジネス著作権検定

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ログイン
  • 資料請求はこちら

サンプル問題はこちら

ビジネス能力認定 サーティファイ

MENU

お問い合わせ

よくある質問

委員長メッセージ・コラム

委員長プロフィール 久保田 裕

  • 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会 専務理事
  • 山口大学特命教授
  • 公益社団法人著作権情報センター 理事
  • 特定非営利活動法人 全国視覚障害者情報提供施設協会 理事
  • 特定非営利活動法人 ブロードバンドスクール協会 情報モラル担当理事

「現代のビジネスシーンにおいては、著作権の知識は不可欠である」という命題に異論を唱える方はいないでしょうか。ただし、これまではその意味を「うっかり他人の著作権を侵害しないために著作権の知識を身につけるべき」との、どちらかというと「防御」の観点で説明されてきた印象を受けます。
しかし、著作権は守りのツールではありません。より積極的に攻めのツールとして活用すべきものなのです。魅力ある著作権物(コンテンツ)は時を超え、国境を越えて愛され続けます。そのコンテンツから利益を生み出し、剽窃から守る源こそ著作権なのです。著作権を正しく理解し、適切な契約を関係者と結び、デジタルコンテンツならば適切なDRM(著作権管理技術)を選択して流通させることが重要です。
一方で、著作権は著作物を生み出さない立場であっても重要な知識です。例えば、各種イベントのために外部のデザイナーが創作した「キャラクター」を利用しようとした場合に、利用方法を踏まえた契約を締結することが担当者には求めされていますし、契約の範囲を超えた利用をしていないかを判断できなければなりません。また、昨今盛んになっている「地域のブランド化」を支える「地域コンテンツ」も、その土台は著作権が中心となります。

■ サーティファイ委員長コラム Vol.42

 先日、鹿児島と新潟でeスポーツと著作権をテーマに講演を行いました。新潟はコロナ禍の第6波の影響でオンライン開催に変更されましたが、昨今、eスポーツが盛り上がってきていることは間違いありません。なお、eスポーツとは、一般社団法人日本eスポーツ連合JeSU)の定義によると、「広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称」とされています 。現在、全ての都道府県ではありませんが、多くの地域でeスポーツの普及団体が組織され、健全な大会運営を目刺し、自治体と連携しながら諸活動を行っています。

 実は、私はJeSUのコンプライアンス委員会の委員も務めています。この委員会では、組織のガバナンスやドーピング問題、あるいは、判定(レフェリング)へのクレーム等競技の公正を担保するための対処方法など多岐にわたる諸問題を議論していて、法律問題としての著作権法だけを扱っているわけではありません。ただ、eスポーツでは、リアルスポーツ以上に著作権を意識しておかなければなりません。

 例えば、eスポーツ大会の主催者が、ゲームソフトのキャラクターを抜き出して勝手に会場にポスターとして貼っていたら、ゲーム音楽や効果音を会場で流していたら、それは許されることでしょうか。あるいは、対戦の映像をYouTubeなどにアップロードすることはどうでしょう。これらのことは、著作権を勉強していれば、何か問題がありそうだとわかりますよね 。では実際に、何が問題で、どうすれば解決するか分かりますか?

 そもそも、eスポーツで対戦するゲームソフトは、その開発会社が著作権を持つ著作物です。したがって、著作物を利用するためには、著作権者の許諾を得るということになります。それが、著作権法の大原則です。ゲームソフトのプレイ映像 は、勝手にスクリーンに映写すれば著作権の中の上映権を侵害することになるし、勝手にインターネットで配信すれば公衆送信権の侵害になります。とすれば、それぞれ、著作権者であるゲームソフト開発会社に許諾を求めなければなりません。

 ただし、このことは、ACCSのWebページにも簡単にまとめています。そのリンク先であるJeSUのかんたんeスポーツマニュアルには、JeSU加盟のゲームソフト会社の問い合わせ先がまとめられています。ここでは、著作権だけではく、景品表示法や刑法の賭博罪といった関連する法律についても触れられています。eスポーツ大会を開きたい、あるいは、大会の映像を公開したい、といったことを考えている方はぜひ参考にしてくだ さい。私の所属するACCSでは JeSUを著作権の観点からサポートしており、ユーザーと著作権者の間に入り、健全なeスポーツ普及に貢献したいと考えています。

 著作権は難しいと言う方もいますが、基本が分かってしまえば、こうしたeスポーツの扱いについても簡単な応用問題に過ぎません。ぜひ、著作権検定を目指して勉強して、著作権の基礎的な知識を身につけてください。eスポーツに限らず、現代社会において、あらゆる仕事、あらゆる場面で役立つ知識だと思います。

 コロナ禍にあって、リモートWebテストで受検できます。特に地方の方は、都市部の会場に出向く必要がないので、交通費などがかからず、より気軽に受検できるようになりました。ぜひ、皆さんのトライをお待ちしています。

バックナンバー

2022年

2020年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年




プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ