実践プログラミング検定

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ログイン
  • 資料請求はこちら

サンプル問題はこちら

実践プログラミング技術者試験

MENU

資料請求

お問い合わせ

  • コンセプト

    CONCEPT

    実践プログラミング技術者試験は学習者にとって、実務と学習との境界のギャップを埋めるのに有効な試験です。

    もっと見る

    昨今、エンジニア不足が叫ばれる中で、AI、ビッグデータのような新規分野の案件数や求人数の増加から、
    IT人材への期待感や関心も高まっています。
    一方で、「IT人材白書2019(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)IT人材育成本部発行)」によると、
    IT人材の"質"に対する不足感は過去5年とも約9割近くのIT企業が「不足している」と回答をしています。
    このような背景を受け、エンジニアの「数を増やす」ことはもちろんのこと、
    個々のエンジニアの「質を高める」ことも重要と捉え、
    実際にプログラミング測定プラットフォームを用いてコーディング・デバッグ・テスト等を行うことを通じて、
    プログラミングスキルの根幹にあたる知識と技術を測定し評価できるツールとして
    「実践プログラミング技術者試験」を創設いたしました。

    エンジニアに必要な力とは?

    プログラミングスキルの積み上げを目的とした学習には、根幹に知識と技術スキルの習得が必要です。
    その上で開発経験を積むことにより、能力を形にして他者に伝える資質を身につけ、優れたエンジニアとしての魅力に繋がります。
    このようにプログラミングスキルを分析して考えたときに、実践プログラミング技術者試験は学習者にとって、
    実務と学習との境界のギャップを埋めるのに有効な試験です。

    グラフ

    身につく力

    プログラムを「書く」力

    仕様や条件に基づき求めるプログラムを考え、記述することができる力や、ロジックを考えアルゴリズムを構築する力が身につきます。

    • コーディングできる
    • デバッグできる
    • 改修できる
    • 早く正確に書ける

    プログラムを「読む」力

    仕様に基づき記述されたプログラムを読み、アルゴリズムの構造を理解することができる力が身につきます。

    • 仕様を読む
    • ソースコードを読む
    • アルゴリズムを理解する

    ご受験をご希望の教育機関・企業の方はこちら

    サンプル問題

    サンプル問題は「TechFUL」上にて公開しております。
    TechFULのユーザーにご登録をいただくことで、実際の試験と同様の環境で、コーディングや仕様読解などの設問に解答をいただくことができます。

    ※サンプル問題概要
    対応言語:Java™、C言語、Python
    出題数 :各6題ずつ
    出題形式:全作成、部分作成、仕様変更、デバッグの4形式

    TechFULとは

    実践プログラミング技術者試験において使用するプラットフォームシステム「TechFUL」について特徴をご案内いたします。

    1プログラミング測定、就職活動を支援する
    プラットフォームシステム

    TechFULは444株式会社が提供するプログラミング測定、スキルデータ管理、プログラミング授業・テスト・学習および、就職・採用活動を支援するプラットフォームシステムです。
    大学・専門学校などの教育機関における講義や、SIer企業における社員研修・就職面接などに使用されております。

    2プログラミングの実践力を測定

    実際にコーディングを行い問題に解答することを通じて、プログラミングの実践力を測定することができます。
    TechFULに収録されている公式のプログラミング問題や検定試験にチャレンジしてみましょう。

    3自身のスキルの積み重ねを視覚化

    TechFULで解答した問題の結果は、TechFUL上に履歴として残ります。
    目標とするプログラミング実践力を定めて学習に取り組むことで、自身のスキルの積み重ねを視覚化して感じ取ることができます。

    試験概要

    主催・認定 サーティファイ 情報処理能力認定委員会
    試験名 実践プログラミング技術者試験 Java™部門
    実践プログラミング技術者試験 C言語部門
    実践プログラミング技術者試験 Python部門
    試験目的 仕様に基づきどのようなアルゴリズムが必要になるかを思考し、それを実現するためのプログラムをコーディングする能力を認定します。
    受験資格 学歴、年齢等に制限はありません。
    ※事前に TechFUL アカウントを取得いただく必要があります。
    対応言語 Java™、C言語、Python3(外部ライブラリNumpy、Pandas含む)
    受験形態 TechFULによるオンライン試験(テキストエディター・IDEなどの併用も可能)
    ※「TechFUL」は444株式会社が提供するプログラミング測定、スキルデータ管理、プログラミング授業・テスト・学習および、就職・採用活動を支援するプラットフォームシステムです。
    対応ブラウザ Google Chrome
    試験時間 120分
    出題数 6題
    出題範囲 データ表現、演算、変数、配列、型変換、文字列、分岐、反復、数学(数式、図形、量、数列、組合せなど)、探索、再帰、ソート、構文解析、メモリ、エラー処理など
    試験期間 2月、6月、8月、11月の年4回

    評価基準

    レベル 得点率 内容
    Platinum
    (Level 5)
    800以上 メモリや実行速度(計算量)を意識して、プログラムを速く正しく構築・改変・改善できる能力を持っている。
    Gold
    (Level 4)
    600-799 プログラムの新規作成や部品構築、仕様変更やデバッグなど、様々な問題を解決できる能力を持っている。
    Silver
    (Level 3)
    400-599 仕様を細分化してロジックを考えることができ、それを基にプログラムを構築できる能力を持っている。
    Bronze
    (Level 2)
    200-399 計算や比較などを用いてツールのような簡単なプログラムを構築できる能力を持っている。
    Entry
    (Level 1)
    0-199 アルゴリズムを考えるために、基礎的なプログラミングスキルの向上が必要である。

    出題形式

    全作成 仕様に基づき、一からプログラムを作成
    部分作成 機能不足箇所のプログラムを作成
    仕様変更 変更仕様を基にプログラムを変更
    デバッグ 仕様に適合しないエラー箇所の特定・修正

    スコアの算出方法

    ソースコードを提出すると複数のテストケース(入力値と出力値のセット)を基に実行テストが行われ、スコアが計算されます。
    「基本スコア」「正解ボーナス」「タイムボーナス」の3つのスコアの合計を基にレベルを決定しています。

    基本スコア (正解したテストケース数 ÷ テストケースの総数)× 10
    ※ただし、ソースコードの提出を行うたびに基本スコアが10%下がる。
    正解ボーナス ソースコード提出時の実行テストで全テストケースに正解した時に加算
    ※最大で基本スコアの50%
    タイムボーナス 基本スコア×(1 - 全テストケース正解までの解答時間 ÷ 全テストケース正解までの目標時間)
    ※最大で基本スコアの70%

    試験結果

    実践プログラミング技術者試験を受験された方には、その証としてサーティファイ 情報処理能力認定委員会より「認定証」が発行されます。
    また、全ての受験者の皆様に、出題分野別の正答状況、ならびに、認定基準や合格基準といった試験結果情報を提供しています。受験後の振り返りや、認定されたご自身の保有スキルの確認にご活用ください。

    認定証

    プログラミング資格の構成

    サーティファイ情報処理能力認定委員会では、
    基本となる言語知識を学ぶ方々には「C言語プログラミング能力認定試験」および「Java™プログラミング能力認定試験」、
    さらに発展して業務レベルの技術力を試す場面においては
    「実践プログラミング技術者試験」と、ワンストップでプログラミングスキルを育成する体制を整えています。

    情報処理能力認定委員会の構成

    お知らせ

    ご受験をご希望の教育機関・企業の方はこちら


    

    プライバシーマーク

    Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

    ページの先頭へ