サーティファイは、 障がいのある方の「働きたい!」を応援しています。 サーティファイは、障がいのある方々が「自分らしい働き方」を実現できるよう、資格検定試験を通して障がい者の就労を応援しています。

SCROLL DOWN

FOR CONFIDENCE

一般就職の自信に繋がります

人材採用において、パソコンスキルを重視する企業は少なくありません。
サーティファイの認定試験は、WordやExcelなど、ビジネスで役立つ実践力と応用力を評価し、資格として認定しており、就労活動の頼もしい味方になります。
また、資格の取得は、その方の能力を企業に証明するだけでなく、障がい者本人の自信にも繋がります。
試験に合格した際には大きな達成感が生まれ、そこで生まれた自信が就職や就労訓練への意欲にも繋がり、就労支援現場を盛り立ててくれると考えます。

[就労移行支援事業所様で活用されている試験]
  • Excel®表計算処理技能認定試験
  • Word文書処理技能認定試験
  • PowerPoint®プレゼンテーション技能認定試験
  • Access®ビジネスデータベース技能認定試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • コミュニケーション検定

FOR COMPANY

障がい者の就労を支援する事業者の皆さまへ

サーティファイの主催する認定試験には、事業者や利用者の皆さまにとって様々なメリットがあります。

利用者様のメリット

  • MERIT 01 資格取得による自信向上

    資格を取得することで自信が持て、次の目標に挑戦するモチベーションが得られます。

  • MERIT 02 通い慣れた施設での受験

    通いなれた施設で受験でき、初めて行く会場までの移動の不安や余計な緊張がありません。

  • MERIT 03 リーズナブルな受験料

    受験料は5,800円~とリーズナブルです。
    ※Excel表計算処理技能認定試験3級の受験料(税込)

  • MERIT 04 実践的な試験内容

    試験内容が実践的と好評で、大手のスクールや企業が推奨する資格検定試験です。

事業者様のメリット

  • MERIT 01 認定会場の登録費用無料

    認定会場の登録に費用は一切かかりません。

  • MERIT 02 無理のない導入が可能

    最低受験者数の制約がなく、無理なく導入が可能です。

SYSTEM

障害者特別措置制度について

サーティファイの各認定委員会では、障がいのある方にも安心して受験いただけるよう、試験時間延長等の特別措置制度を設けております。特別措置の例につきましては、以下をご覧ください。

障害者特別措置制度の例

対象者 特別措置の例
肢体障害者
  • 試験時間の延長
  • マークシート記入が困難な受験者の場合、受験者が解答用紙に記入した解答を実施責任者がマークシート用紙に転記
  • 車椅子の持参使用
  • 試験室入り口までの付添者の同伴
視覚障害者
  • 試験時間の延長
  • 試験問題冊子の拡大コピーを配布(※)
  • 拡大鏡等の持参使用
  • 照明器具等の使用
  • 試験室入り口までの付添者の同伴
聴覚障害者
  • 注意事項等の文書による配布(試験監督が口頭で指示する事項を文書にして配布)
  • 試験室内の座席を前列に指定
  • 補聴器の持参使用
その他 受験者の方の状況、特別措置の申請内容により検討します。

※設問・問題をパソコン上で表示する(冊子を使用しない)試験の場合は、パソコン画面で文字サイズ(または解像度)を変更して実施。
※上表の特別措置は例であり、試験会場の環境・設備によっては対応が困難な場合もありますので、ご了承ください。

CASE

就労移行支援事業所さまの検定試験活用事例

就労移行支援事業所さまの検定試験活用事例

就労移行支援事業所とらいわーく
理事長 菱谷 久美子様(写真左)
インストラクター 小川 紀子様(写真右)

就労移行支援事業所 とらいわーく様は、札幌市から認可を受けた就労移行支援事業所です。
障害のある方の一般企業への就職をサポートするべく、PC操作や、ビジネスマナーなど、就業に必要なビジネススキルのご指導や障がいに合わせた働きかたの相談などを行っています。
2012年より、サーティファイが主催する「Excel表計算処理技能認定試験」「Word文書処理技能認定試験」
「PowerPointプレゼンテーション技能認定試験」「Accessビジネスデータベース技能認定試験」
「Illustratorクリエイター能力認定試験」「Photoshopクリエイター能力認定試験」をご採用いただいており、検定活用の目的や背景等についてお話しを伺いました。

活用事例紹介はこちら

検定試験を取り入れようと思ったきっかけは何ですか?

一般就労を目指す場合、どの業種・職種でもパソコン操作が必須です。Word、Excelを使用した事務処理、プレゼンにはかかせないPowerPoint、また、デザインソフトの操作が可能なことは就職後にも+αの実践力として大いに期待されます。応募書類に検定資格所持を記載することは、求人側にも大きな採用基準の目安になります。
また、障がいのある方が毎日通所する事業所で試験に向けた目標を設定でき、安心して受験できるので検定試験を取り入れました。

検定試験を活用することでどのようなメリットを感じていますか?施設側、受験者側それぞれの立場でお聞かせください。

就労を目指す障がい者にとって、慣れた環境で受験できることは大きな安心感があり、利用検討している方々にも就職への具体的なステップを示すことができます。 受験者側は、目標設定、試験への挑戦、合格等の体験で自信となり、就労活動にも意欲がわきます。事務職希望の方が多い中、試験対策中に自分にあった職種を再認識できる機会でもあります。
(※)とらいわーく様はサーティファイの試験会場として認定されています

Microsoft Officeの操作スキルを認定する検定試験は、サーティファイ以外にもいくつかありますが、サーティファイを採用された決めては何でしょうか?

サーティファイでは、パソコン操作機能、知識だけを身に付けるのではなく、「仕事で使える実践力を身につける」「どう使うか、どう活かすか」というビジネスシーンに活かせる内容が採用の決め手となりました。

ありがとうございます。とらいわーくさんは、のべ60名超のサーティファイ合格者を輩出され、中には最上位級にも合格された方がいらっしゃいます。合格率も合格するために工夫していることをお聞かせください。

当事業所での試験日は、受験者のペースに合わせ無理のないように設定をしています。受験希望者は各々、試験日までの対策スケジュール表を作成し、進捗状況を確認しながら進行、数回の模擬テストを実施してから受検に臨んでいます。
MS Officeトレーナー資格所持のスタッフが、毎週1回Word、Excelを中心としたOfficeプログラムを実施し実践的な操作を学び、自習訓練の際も質疑応答しながら進めています。
また、クイックマスター(サーティファイの公式テキスト)に沿ったIllusutrator、Photoshopのプログラムや、コミュニケーションプログラムを実施しておりOffice系、デザイン系、就活系と幅広くサーティファイを受験できるよう、日々のプログラム内容を工夫しています。

なるほど。そのように手厚いサポートを受けることができると、利用者さんも検定試験に挑戦しやすくなりますね。頑張って合格した利用者さんに認定証をお渡しする瞬間は格別だと思いますが、結果の発表や認定書のお渡しはそのようにされていますか?

とらいわーくでは、朝礼と終礼を毎日実施しています。合格者がいらっしゃる場合は、その際に認定証をお渡ししています。みんなの拍手が合格された利用者さんの自信につながり、次に検定試験に挑戦する方にとっては励みになっていると思います。

ありがとうございます。最後に、全国の就労移行支援施設に通われている方、または就労移行支援施設の利用を検討されている方に一言お願いします。

現在の就活で技術の習得が必須な状況にありますが、「PC操作ができる」ことを企業に認めてもらうにはまず資格が一番のアピールではないかと考えています。特性上、初めての場所では緊張しやすい方もいらっしゃいますが、ふだん利用している事業所でリラックスした状態で受検できるという強みがありますので、是非皆さんも挑戦してください。

Copyright(C) 2007-2017Certify Inc. All Rights Reserved.