評価基準 - PJC Bridg | PJC実践日本語コミュニケーション検定 | 資格検定のサーティファイ│あなたのスキルアップを応援します| 

PJC サーティファイ

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ログイン
  • 資料請求はこちら

ビジネス能力認定 サーティファイ

MENU

資料請求

お問い合わせ

PJC Bridgeとは

評価基準

PJC Bridge各レベルの正答率に対応した評価基準の一覧です。

■評価基準

レベル 得点率 レベル内容
A
(N3相当)
A+ 91%~100% 日常的な日本語を理解することができる。

・日常的な話題について書かれた文章を読んで理解することができる。
・日常生活において、よく出会う場面・相手では、話の具体的内容や相手との関係などを理解してコミュニケーションをとることができる。

日本語学習時間 450時間~750時間
A- 81%~90%
B
(N4相当)
B+ 71%~80% 基本的な日本語を理解することができる。

・基本的な語彙を使って書かれた日常的な文章を読んで理解することができる。
・日常生活において、よく出会う場面・相手では、話す・聞くという会話によってほぼコミュニケーションをとることができる。

日本語学習時間 300時間~500時間
B- 61%~70%
C
(N5相当)
C+ 51%~60% 基本的な日本語をある程度理解することができる。

・基本的な語彙を使って書かれた定型的な語句や文章であれば、読んで理解することができる。
・日常生活の中で、限定された場面・相手において、ゆっくり話される会話であればコミュニケーションをとることができる。

日本語学習時間 150時間~350時間
C- 41%~50%
D
(準N5相当)
D+ 31%~40% 基本的な日本語はなんとか理解することができる。

・基本的な語彙を使って書かれた定型的な語句や短い文章であれば、読んでなんとか理解することができる。
・日常生活の中で、限定された場面・相手において、ゆっくり話される短い会話であれば、なんとかコミュニケーションをとることができる。

日本語学習時間 100時間~200時間
D- 21%~30%
E E+ 11%~20% 基本的な日本語でも理解できず、適切さを欠く場合が多い。

・ひらがなやカタカナ、初歩的な日本語や短い文章であれば理解できる場合があるが、文章全体の意図を理解することができない。
・日常生活において、挨拶程度の会話はできても日本語によるコミュニケーションをとることができない。
E- 0%~10%

※漢字圏・非漢字圏により学習時間に差があることから認定基準の日本語学習時間には幅をもたせています。


プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ