Access®ビジネスデータベース技能認定試験

Access®ビジネスデータベース技能認定試験 サーティファイ

MENU

受験方法【団体】

受験方法【団体】

  • 試験の実施方法
  • 実施形態

受験会場の認定

認定試験会場として登録を希望される場合、「会場申請」を行っていただくことで、試験の実施会場として登録いただけます。

※認定試験会場規約は、こちらをご確認ください。
※会場の登録にあたり、費用は発生いたしません。

申請事項に基づきサーティファイ認定試験事務局にて審査を行い、認定試験会場として認められた団体には、次の特典が付与されます。

《特典》

・サーティファイより「認定試験会場」の証書を発行
・割引受験料の適用
・認定試験日の自由設定
・ポスターやパンフレット等の広報物を無償提供

会場区分と料金

「認定試験会場」には、「団体受験会場」と「随時試験会場(一般個人受験者の受入会場)」の2つの会場区分があります。
会場のご登録にあたっては、いずれの場合も一切料金は発生いたしません。
「団体受験会場」では、1試験実施につき、2,240円の申込手数料を頂戴しております。
「随時試験会場」では、申込手数料が不要のため、金銭的な負担なく試験を導入・実施いただけます。

  団体受験会場
随時試験会場
受験者 団体に所属する内部受験者のみを対象として試験を実施 団体に所属する内部受験者と併せて
外部の一般受験者を受け入れて試験を実施
対外告知   サーティファイの「随時試験受験会場検索」ページにて紹介
受験料 会場割引料を適用
還付金 試験実施手数料として別途定めた還付金を認定試験会場に還付
受験申込手続料 1回の受験申請につき2,240円 受験申込手続料2,240円を免除
受験人数 1名からの受験が可能
試験実施 各団体にて試験監督官を配置
試験日時 各団体にて任意に設定
受験申請締切 WBT 試験日の1週間前
CBT 試験日の2週間前

障がい等ある方への措置

サーティファイでは目や耳・肢体などが不自由な方には特別措置を講じています。
詳しくは以下のページをご確認ください。

受験時には、弊社より提供する「受験プログラム」を実行いただきます。
「受験プログラム」の提供方式により、「WBT」「CBT」の2種類の実施形態を用意しています。
試験会場の実施環境にあわせて実施形態を選択できます。

WBT

会場の登録や受験申込等を対応いただくシステム「CERTIFYONLINE」より、
受験プログラムをダウンロードする実施形態です。
最短で即日(※)の試験実施が可能です。
試験終了後は、CERTIFYONLINEに解答データをアップロードしていただきます。
資材の返却がないため、返送コストを削減できます。

受験者への受験プログラムの配付、解答データの回収については、欄外をご確認ください。

(※)
・コンビニ払い・クレジット決済の場合…試験日6日前〜当日まで受付可能です
・銀行振込の場合…試験日1週間前まで受付可能です

CBT

USBメモリで受験プログラムを配付し、解答データを回収する実施形態です。
試験終了後、USBメモリをご返送いただきます(送料はご負担ください)。
試験の2週間前までにお申込みが必要です。

●以下のような場合にご活用いただけます。
・試験会場にインターネットの接続環境やLAN等のネットワーク環境が整っていない。
・セキュリティ確保のためインターネットへの接続を制限している。

臨時試験会場検索

団体用マイページ



プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ