サーティファイTOP > お知らせ一覧|特定技能ビザ(介護)の日本語試験の作問協力報告

コミュニケーション特定技能ビザ(介護)の日本語試験の作問協力報告

4月1日から外国人を対象に施行が開始された、新しい在留資格「特定技能」では、人手不足を背景にした国内14業種で、5年間で最大34万人の受入れを見込んでいます。
その中で最も多くの受入れを予定している介護分野においては、外国人のビザ申請時に、全業種共通の日本語試験、介護の技能試験のほか、介護分野の日本語試験(介護日本語評価試験)が課されています。
 
この介護日本語評価試験に関して、厚生労働省と三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が行った調査研究事業において、今回サーティファイは作問協力をいたしました。

 


日本国内の様々な分野で外国人材登用の動きが加速しています。
サーティファイでは、外国人向け日本語検定(PJC・PJC Bridge)の運用の他、これまで日本人向けにご提供してきた各種検定を、外国人の方にも受験がしやすい環境づくりを進めてまいります。

page top

お知らせ

全国の公開試験会場や随時試験会場で受験 学校や研修施設、職場で受験

資格取得の前に模擬問題に挑戦!本試験のレベルを確認できます。

模擬検 模擬検APPストアからダウンロード!!

プライバシーマーク

ページの先頭へ

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.