Word文書処理技能認定試験

Word文書処理技能認定試験 サーティファイ

MENU

合格体験・活用事例

活用事例(団体)

ヤマダパソコンスクール
法人事業部 柴田 恵理子 様

ヤマダパソコンスクールは、大手家電量販店のヤマダデンキが運営する、全国70店規模のパソコンスクールです。パソコン初心者向けの講座・ビジネスユーザー向けの講座の他、2017年からは、小中学生を対象としたプログラミング講座や、お子様向けのパソコン基礎講座も開講しています。この度、法人事業部の柴田様に、サーティファイの資格試験について伺いました。

サーティファイのMicrosoft Office関連の試験を導入された、きっかけや経緯があればお伺いしたいです。

資格の講座から試験までを一貫して導入したかったからです。それまでヤマダパソコンスクールは、資格試験の講座自体は開講していても、会場としての機能は持っていませんでした。受講生が資格取得による就職・転職を目指して通われていても、試験は別の会場で、とご案内していることに課題感がありました。そこで、ジュニア・プログラミング検定の導入時に会場登録が可能と知り、Office関連の試験も一緒に広げていこうと、導入を決めました。

ご導入いただいている中で、ご満足いただいている点はなんでしょうか。

初期費用や年会費がかからない点がとても魅力的です。他の試験も検討しましたが、初期費用や年会費がネックとなり躊躇することがありました。
また、サーティファイのWord・Excel・PowerPoint試験の出題傾向として、一から1つの作品を作り上げるので、自然と実用的・実践的なスキルが身につけられることにとても満足しています。試験のために勉強するというよりは、実践で役立つ勉強をしていれば試験に合格できるという傾向は、受講生にもお勧めしやすいポイントです。

学生や社会人以外の方が、サーティファイのOffice資格を目指すこともありますか。

60代・70代の方の受験もありますね。多いのは学生・ビジネスマンですが、Office学習の延長として、達成感を得るために受験を目指すシニアの方もいらっしゃいます。合格された際には、合格証を教室に貼っています。合格までは大変でも、その分達成感を得て喜んでいただけています。

その他に受験生のエピソードがあれば、お聞かせください。

転職を考えている若い方が、仕事でのパソコンスキル必須ということで、合格を目指してがんばっていました。自分でも気づかないうちにスキルアップできているようで、「パソコンが苦手だと思っていたけど、すごく楽しく勉強できている」とお声をいただいて、実際にWord・Excel・PowerPointの試験すべてに合格されていましたね。履歴書に書けても、それが身についているかどうかはまた別だと思いますが、サーティファイの資格試験というのは、実務に即した作りになっているので、「これだったらパソコンが使えると自信をもって言える」というお声をいただいています。

コロナ禍の教室運営では、大変なことも多いかとお察ししますが、どういった工夫をされていますか。

講師と受講生の協力をいただきながら、手洗い・マスク着用の徹底を行っています。ヤマダデンキの中にある教室なので、比較的天井が高いですし、防火対策の一環で壁の上部はすべて空いているので、密室状態にはなりません。また、密な状況を避けて予約数を制限したり、受講生の協力をいただいて学習時間の調整をしたり、場合によっては受講期間を延長したりしながら、不安を減らすような環境づくりを行っています。

サーティファイの試験やサービスについて、最後に何かお伝えしたいことがあれば、ぜひお願いします。

サーティファイの試験は、まず受験料が安いです。また、難易度が高すぎず気軽に受けられること、実践的なスキルが身につく点が大きな魅力だと思います。試験対策講座も、他のP検やMOSの講座のご用意もありますが、お客様のご要望に応じてサーティファイの試験も積極的にお勧めさせていただいています。

▼ヤマダパソコンスクールのオフィシャルサイトはこちら
https://yamada-school.jp/pc/

臨時試験会場検索

団体用マイページ



プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ