受験者・受験団体の声|ジュニア・プログラミング検定 | 資格検定のサーティファイ│あなたのスキルアップを応援します|

ジュニアプログラミング検定

  • facebook
  • お問い合わせ
  • 受験会場様ログイン
  • 資料請求はこちら

ジュニアプログラミング検定

MENU

お問い合わせ

facebook

受験者・受験団体の声

Case-16 子どもプログラミングスクール-egg様

子どもプログラミングスクール-egg
受講生:中島心太くん(以下:しんたくん)、中島太一くん(以下:たいちくん)、宇都宮由一くん(以下:うっちゃん)、米田英立くん(以下:えいたくん)
インストラクター:肥留川 涼様

東京都世田谷区三軒茶屋にある「子どもプログラミングスクールegg」様は2020年6月より新校舎を開校。教室の固定概念を一新。教室には新調されたソファや机・椅子、最新のプロジェクター機器、しきりも一切なく、開放感が感じられる。
また同時にジュニア・プログラミング検定もスタート。初の検定試験実施でEntry合格者を多数輩出!
今回のインタビューは合格者の中から中島心太くん(以下:しんたくん)、中島太一くん(以下:たいちくん)、宇都宮由一くん(以下:うっちゃん)、米田英立くん(以下:えいたくん)と
、教室で指導されている肥留川 涼さんにお話しを伺いました。

みなさんはプログラミング教室に通い始めて7~8か月程度と伺っておりますが、通われたきっかけを教えてください。

えいたくん:通うきっかけは友だちに誘われたことから。教室はとても過ごしやすいです。


しんたくん:体験授業がきっかけです。Scratchで車を動かすプログラムを体験しました。


うっちゃん:通うきっかけは友だちに誘われたことから。ここにいるのはみんな同じ学校、家も近いです。


たいちくん:お父さんに勧められて行ってみたのがきっかけです。

みんなもともと知り合いだったんですね。ところで皆さんはScratchのどんなところが好きですか。

えいたくん:アニメやゲームを自分で作れるところが好きです。


しんたくん:作品を作れることが好きです。またタイピングを覚えれば早く作品が作れるようになる達成感がうれしいです。


うっちゃん:ブロックをしっかりと組めば思い通りに動いてくれるところが好きです。


たいちくん:難しいプログラムを組んで成功したらすごく達成感があります。またタイピングも最初苦手だったけど練習を重ねるとうまくなっていくところがうれしいです。

検定にチャレンジしてみて良かったこと、気づいた点は何ですか。

えいたくん:合格できたことが良かったです。だけど点数が低かったので、次からは問題文をしっかり読んだり見直しをしていい点数を取りたいです。


しんたくん:つまづいた時に緊張して何をしたら良いかわからなくなってしまったから、冷静になって問題を見てみることが良いと感じたところが気づいた点です。


うっちゃん:良かったことは達成感やすばらしさを感じられたことです。気づいた点はうまくいっていると思っていても意外とうまくいっていないところが見つかって 後で修正しなきゃならないなあと感じたところです。


たいちくん:えいたくんと同じく合格できたことは良かったです。気づいた点は集中し過ぎて見直す時間が短かったので、次は時間配分をきっちりとしたいです。

皆さん受験の振り返りがしっかりできていますね。それでは次にどんなことにチャレンジしてみたいですか。

えいたくん:ジュニア・プログラミング検定の上位級をめざすことです。それからScratchでゲーム作ってみたい。


しんたくん:えいたくんと同じくジュニア・プログラミング検定の上記級をめざすこと、それからScratchで良い作品を作ることです。


うっちゃん:逃避ゲームなど簡単に作れる面白いゲームをつくること、それからジュニア・プログラミング検定の上位級をめざすことです。


たいちくん:タイピングがうまくなりたい。

ぜひとも上位級にチャレンジしてください。それでは将来の夢、めざす職業があれば教えてください。

全員:サッカー選手になりたい。なれなくてもサッカーを裏から支える仕事がしたいです。

みんな同じサッカー部だったんだね。ぜひサッカー選手をめざしてがんばってください。本日はどうもありがとうございました。

次に、子どもプログラミングスクール-eggのインストラクター 肥留川 涼様にお話しを伺います。

御社のご紹介、プログラミング教育についての取り組みについて教えてください

eggは株式会社ブレイブが運営するプログラミングスクールです。
世田谷区の子どもたちにプログラミングはもちろん、パソコンの基本操作やタイピングや、ITリテラシー、インターネットマナーや危険性まで、子ども一人ひとりにあった教育するスクールとして誕生しました。 また、ICT教育の第一歩として始まるプログラミングにおいて、地域に協力できるスクールにしていきます。
プログラミングスクールをきっかけに、教育環境を広げ、次世代活躍する子どもたちを輩出できる。そんなスクールを目指していきます。

ジュニア・プログラミング検定を活用するメリットを教えてください。

子どもたちにそろそろ何か形のある目標を作ってあげたく思案していたところ、ジュニア・プログラミング検定を見つけました。
検定という一つの目標に向かって自ら学ぼうとする意欲や、検定本番の真剣な取り組み、集中力。
実際取り入れてみて、子どもたちの確かな成長を感じることができました。
検定結果を発表した時の子どもたちの喜びにあふれた表情は忘れられません。
努力すれば結果は出せると言う経験は、きっと今後の自信にも繋がっていくと思います。
また、ほとんどの子ども達が外部検定などは初めてでしたので、そういう面でも貴重な経験になったと思います。

子どもたちの喜びにあふれた表情は忘れられませんよね。それではプログラミングを学ぶ子どもたちへ応援メッセージをお願いします。

プログラミングを通じて、「本気で楽しんで、本気で考え、本気で解決する力」を身に付けてもらいたいと思っています。
また、ITスキルだけでなく、 プログラミング学習で養える新しいものを生み出す創造的な力や、失敗を恐れずチャレンジする力は将来必ず役に立つと思いますので、これからも頑張って勉強していきましょう!

タイピングなどプログラミングの基本をしっかりとご指導されていて、子どもたちもそういったスクールの姿勢に応えてしっかり成長されていましたね。今後のご活躍を期待しています。本日はどうもありがとうございました。
子どもプログラミングスクールeggの公式サイトはこちらコチラ




プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ