ジュニアプログラミング検定

  • facebook
  • お問い合わせ
  • 受験会場様ログイン
  • 資料請求はこちら

ジュニアプログラミング検定

MENU

お問い合わせ

facebook

個人の方

■リモートWebテストとは

AIによる本人認識や動作・物体解析による公正・平等なWeb試験です。
サーティファイが提供する試験を、受験者のご自宅や、所属される団体内(企業や教育機関)のPCで受験する方法です。
サーティファイのリモートWebテストでは、"デュアルカメラ方式"を採用しています。

デュアルカメラ方式による
リモートWebテストイメージ

デュアルカメラ方式によるリモートWebテストイメージ

■リモートWebテストのメリット

安全

多数の方が集まる空間での滞在を回避できます。(感染予防)

安心

慣れた環境(自宅や職場)で落ち着いて受験いただけます。

信頼

デュアルカメラ方式の試験監督システムにより、不正防止を徹底しています。

便利

試験会場までの移動時間や費用が不要となります。

■リモートWebテスト利用方法(動画)

■リモートWebテストに必要な環境および機器等

通信環境

インターネット接続が必要となります。

※接続中断などの不測の事態をさけるため、Wi-Fi等を使用する場合は電波の良い環境をご準備ください。
※試験中、一定量のデーター通信を行う関係上、容量制限のあるポケットwifiやテザリングによる受験はお控えください。

室内環境

・室内外から物音が極力発生しないこと。
・カメラにポスターやカレンダーなど、不要物が写り込まないようにすること。

受験デバイス

パソコン
※カメラ・マイク機能付きのデバイスをご用意ください。

OS

Windows8.1~

使用アプリ

Scratch3.0 ※事前にアプリ版のインストールが必要です。オンライン版では受験できません。

ブラウザ

Chrome/Edge

※ブラウザーバージョンは最新版をご使用ください。
※「Internet Explorer」および「FireFox」での実施はできませんので、ご注意ください。

補助(サブ)カメラ

スマートフォン

※Androidおよびiosのみ対象

スマートフォンブラウザ

Chrome(Android) / safari(iphone)

※上記ブラウザ以外での実施はできませんので、ご注意ください。

その他機材

スマートフォンスタンド

■リモートWebテスト 受験までの流れ

STEP1
受験の準備

① 受験票の印刷または受領
試験日の1週間前までに受験票発行通知メールが送信されます。
ユーザーIDで資格受付ONLINEのマイページにログインし、受験票を印字してください。

② 受験環境の確認
・試験当日に使用するデバイス(パソコン)、スマートフォン、スマートフォンスタンドを試験当日までにご準備ください。

STEP2
デバイスのカメラおよびマイクの動作確認

① パソコン、スマートフォンのカメラ機能が正常に動作しているかの確認
【Webカメラ確認方法】
〈Windows10〉
・左下の[スタート] →[カメラ] から正常に動作しているかを確認してください。
・左下の[スタート] →[設定] →[プライバシー]→[カメラ]の「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」がオンになっていることを確認してください。

②パソコンのマイク機能の確認
【マイクの確認方法】
〈Windows10の場合〉
左下の[スタート] →[設定] →[システム]→[サウンド]にある [マイクのテスト] から、マイクに向かって話をしたときに、青いバーが正常に動いているかを確認してください。

STEP3
試験実施

・資格受付ONLINEのマイページにログインし、該当試験の「受験」ボタンをクリックして試験を開始してください。
※試験中はパソコン、スマートフォンのカメラにて、自動で映像を撮影します。(あわせて音声の確認も行います。)

STEP4
試験実施後

①「試験終了」ボタンをクリックします。
※試験時間になると、自動的に試験が終了します。

② 表示されている画面を閉じ、試験終了となります。

STEP5
受験結果

①【受験結果速報】の確認
・試験実施後3週間を目処に、資格受付ONLINEにて受験結果を確認することができます。

②【受験結果のお知らせ】の確認
・試験終了後約1ヶ月を目処に受験結果が送付されます。(合格者へは認定証もあわせて送付されます)

■不正定義と受験環境の作り方

公平・公正に試験を実施(厳格な検定試験の担保)していただくため、カメラとマイクにより受験状況を撮影し、不正・禁止行為がないか確認、判定いたします(不正・禁止行為が認められた場合は試験を無効とします)。以下を確認し、試験日までに正しい受験環境を整えてください。

1.不正行為、及び禁止事項

※不正の有無にかかわらず禁止事項が認められた場合は失格とします。

不正定義 禁止事項(例) ポイント
受験申込者とは別の第三者が受験 【禁止事項】
× サングラスをかけて受験
× マスクを着用して受験
× 視線や表情を隠す行為

※申込者本人と認識できない可能性があるため
・明るい環境をご準備ください。
・窓を背にする場合、逆光にご注意ください。
(注)暗い環境により、顔が認識できない場合、再試験となることがあります。
離席した場合 【禁止事項 例】
× トイレのための離席
× エアコンの温度調整のための離席
× 室内灯の点灯、消灯、調整のための離席
× 来客等のための離席 等
試験開始前に必ずトイレは済ませておいてください。
室温調整は事前に済ませてください(体温調整可能な服装)。
・室内の明るさは、試験終了時間を考慮し、事前に設定・調整してください。
・来客、配達物等は試験日時に重ならないよう事前に調整しておいてください
許可された以外のものが認められた場合
(デスク周辺にて)
【禁止事項 例】
× 本、参考書、辞書、ノート、筆記用具
× 電子機器、通信機器
× 飲食物 等
・デスク上に試験に必要な機器以外がある場合、別の場所に移す等事前に整理しておいてください。
試験サイト以外の別サイトを閲覧した場合 ・試験前に他ブラウザ、他サイト等の画面は必ず閉じておいてください。
故意に試験端末に必要のない操作をした場合 【禁止事項 例】
必要のない以下の行為
× パソコン・スマートフォンの再起動
× 他のアプリケーションの起動
× コマンド操作
× 故意によるスマートフォン、PCの角度の変更 等
・キーボード、マウスに特殊なショートカットキー等の割当設定をしている場合はご注意ください
試験中に故意にPCカメラからの視線、マイクの音声を遮った場合 【禁止事項 例】
× PCカメラの前に手をかざす
× カメラ、音声をOFFにする
× 手で目(視線)や耳を覆ったり、隠したりする行為を繰り返す
・試験中は「PC画面において試験問題を解答する」以外の行為・操作は控えてください。
その他不正行為と疑われる行為が認められた場合 ・試験中は「PC画面において試験問題を解答する」以外の行為・操作は控えてください。

2.その他失格となる場合

失格となるケース 注意事項
カメラ・マイクが正常に
動作していない
・画像、音声確認できないため失格とします。 事前に必ず試験機器の状態を確認しておいてください。
本人の確認不足や怠慢により、適正に受験システムが動作、及び操作できない場合 ・試験当日は不測の事態以外の対応は致しません。 動作確認、操作方法、注意事項は必ず確認し、試験当日は不明のないようにしておいてください。
試験問題や試験の様子の録画・録音、スクリーンショットを撮影した場合 ・試験画面、試験問題のコピー等は認めておりません。



プライバシーマーク

  • Microsoft、Windows、Access、Excel、Visual Basic、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • Adobe、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Flashは、Adobe System Incorporated(アドビシステムズ社)およびその子会社の各国での登録商標もしくは商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名は各社の登録商品です。

Copyright(C) 2007-2018Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ