トップページ > 実施要綱

実施要綱

試験名 ジュニア・チアダンス検定
主催 サーティファイ ジュニア・チアダンス検定委員会
ジュニア・チアダンス検定
の目的
ジュニア層のチアダンススキルを「マナー」「基本動作(アームモーション)」「規定ルーティーン」の3つのカテゴリで評価認定します。
受験資格 チアダンススクールやチアサークルなどに通う小学生および未就学児。
級構成と
級ごとのねらい
レベル キーワード ねらい
1級 完成 深める それぞれの動作を正確に表現でき、アピール力や個性も表現できる
2級 発展 広げる 発展動作を連結して、広がりのある連続動作がスムーズにできる
3級 応用 高める 応用動作を連結して、バランスよく連続的に動ける
4級 基本 慣れる 基本動作を連結して、連続的に動ける
5級 入門 覚える 基本動作を覚えて、音楽に合わせて身体を動かせる
受験料 1級 3,000円(税別)
2級 3,000円(税別)
3級 2,500円(税別)
4級 2,000円(税別)
5級 2,000円(税別)
※レベルに合った級を自由に選択して、受験することが可能。 
※合格後はひとつ上の級を順番に受験することが必要。
試験の形式と構成 試験監督の前で演技をする実技試験。
演技は「基本動作(アームモーション)」と「規定ルーティーン」の2つがあり、それぞれの課題を実演。
公式ブック『はじめてのチアダンス』から出題されます。

「基本動作(アームモーション)」試験監督の指示に従ってレディ、ハイVなどのポーズをする。正しくパフォーマンスできているかを評価。
「規定ルーティーン」 音楽に合わせてパフォーマンスをする。ステップ、ターン、ジャンプなどがしっかりとできているかを評価。
「マナー」 「基本動作(アームモーション)」「規定ルーティーン」を通して、挨拶ができること、笑顔でいること、身だしなみが整っていることなどを評価。
※演技時間は全体で3分~5分程度。
受験申込方法 スクールごとに受験希望者をとりまとめた後、サーティファイ認定試験事務局へ申し込み。申込み方法はこちらから
試験日・会場 日程、場所は所属スクールが任意に定めることが可能
学習方法 スクールでのレッスンの他、公式テキスト(付属DVD付)を見て学習することが可能。
公式ブックのご案内 正しいパフォーマンスの名前を覚えたり、正しい演技の仕方をテキスト掲載の写真や付属DVDにて学習することができる。また「規定ルーティーン」の動画と音楽も収録されている。
『はじめてのチアダンス』(演技DVD付)本体価格2,700円(税別)

チアダンスに必要な53種類の基本テクニックを収録 はじめてのチアダンスはじめてチアダンスを学ぶ方のために、「アームモーション」「ステップ」「ターン」「ラインダンス」「ジャンプ」の分類で基本となる53のテクニックを紹介しています。テキストの説明を付属されているDVDの映像を見ながら理解することで、より確実に基本のダンスを身につけられます。また、ジュニア・チアダンス検定の演技構成(模範演技)も掲載しているので、検定合格に向けた対策に活用できます。

商品仕様・詳細 ■A5判 4色カラー■107頁監修: 三田ジョンストン智子
価格2,835 円(税込)[本体 2,700円 / 税 135円]

ご注文方法 【スクールのインストラクターの皆様へ】 注文フォーム(Excelファイル)をダウンロードいただき、注文部数および必要事項を入力したものをメールもしくはFAXにてお送りください。
注文フォームのダウンロード ※約2日~3日でお届けします。
※送料無料です。

【注文フォームの送り先 サーティファイ認定試験事務局】 E-mail:info@certify.jp FAX:0120-031-750

【個人でご購入の皆様へ】 オンライン書店または一般書店からお買い求めいただけます。

合格発表 試験日から3週間後を目処に、所属スクールより発表。
合格した方には「認定証」を発行。

合否基準

判定項目数 合否基準
マナー アームモーション 規定ルーティーン 合計
5級 4 9 18 31 級別に設定された判定項目について、採点シートに明記されたチェック項目に基づき個々の出来・不出来を確認し、全評価項目の7割以上が出来て合格とします。
4級 4 16 18 38
3級 4 26 23 53
2級 4 26 26 56
1級 4 26 26 56

級別判定項目

マナーの判定項目

各級とも、挨拶・笑顔・姿勢・身だしなみの4項目を判定項目とする。

挨 拶 大きな声でハキハキと挨拶できているか
笑 顔 笑顔で挨拶やダンスができているか
姿 勢 背筋が真っ直ぐで、フォーカスは上向きか
身だしなみ 髪や服装に乱れがなく、身だしなみがきちんとしているか

2.アームモーションの判定項目

級別に設定された演技を全て判定項目とする。

No 内容 5級 4級 3級 2級 1級
1 レディ(ハンズオンヒップ)
2 ハイV
3 ロウV
4
5 ハーフT
6 ライトボウアンドアロー
7 レフトボウアンドアロー
8 ダガー(テーブルトップ)
9 キャンドルスティック  
10 バケット  
11 ハイタッチダウン
(タッチダウン、ゴールポスト)
 
12 ロウタッチダウン(ローゴールポスト)  
13 ライトダイアゴナル  
14 レフトダイアゴナル  
15 ライトエル(※注 レフトエル)  
16 レフトエル(※注 ライトエル)  
17 ライトケイ(サイドレ、Kモーション)    
18 レフトケイ(サイドレ、Kモーション)    
19 ライトチェックマーク    
20 レフトチェックマーク    
21 インディアン    
22 マッスルマン    
23 クラップ    
24 クラスプ    
25 ライトパンチアップ(トーチ)    
26 レフトパンチアップ(トーチ)    
※注  ライトエル、レフトエルの呼び名は国は地域、団体によって逆になる場合があります。
(左右の視点を演技者に置くものと鑑賞者に置くもの)

3.規定ルーティーンの判定項目

級別に設定された以下の内容を含む演技を行う。

ステップ
No 内容 5級 4級 3級 2級 1級
1 ステップタッチ
2 スキップ
3 ギャロップ
4 シャッセ(交互)
5 ピボットターン  
6 グレープバイン    
7 スライド    
8 パドブレ      
9 ドラッグ        
10 ポニー        
ターン
No 内容 5級 4級 3級 2級 1級
1 スリーステップターン
2 パッセ(インパッセ/アウトパッセ)
3 シェネ  
4 ピケ    
5 パッセ+ルルベアップキープ      
6 ピルエット        
7 ターン連続        
ジャンプ
No 内容 5級 4級 3級 2級 1級
1 スタージャンプ(Xジャンプ)
2 大の字ジャンプ  
3 Cジャンプ    
4 リープジャンプ(フライアウェイ、リープ)      
5 トゥータッチ        
ラインダンス
No 内容 5級 4級 3級 2級 1級
1

フックアップ

2

パッセ(インパッセ/アウトパッセ)

 
3

フロントキック

   
4

パッセ+フロントキック

     
5

キックコンビネーション

       
全体
No 内容 5級 4級 3級 2級 1級
1 リズム 音楽のリズム、テンポにあっているか
2 フォーム(ボディコントロール) 重心移動、姿勢がきれいにできているか
3 スペース(ボディコントロール) 適正な移動や身体の向き、進行方向が正しいか
4 プレゼンテーション 動きを通じた表現ができているか