サーティファイTOP > ソフトウェア活用能力認定委員会 > Word(ワード)文書処理技能認定試験 > 個人の方 > 試験を知る

Word(ワード)文書処理技能認定試験

CERTIFY ONLINEマイページログイン

ユーザーID・パスワードをお持ちの方はこちら
ログイン

個人の方

Word文書処理技能認定試験とは…

使えることが当たり前とさえ言われつつあるMicrosoft Word。全ての業種・職種で必要とされる日本語によるワード・プロセッシング・ソフトの活用能力を測定する試験です。

仕事で「より効果的にWordを活用できる」という実践的な能力を証明

コマンド名や機能だけの知識を身につけたところで、実際の業務では活用できない場合が多くあります。そこで、サーティファイではワープロ機能とWordに関する基礎知識を問う「知識問題」に加え、実際に文書を作成し、書式設定を行い、表組みやオブジェクトの挿入、ページ設定を行うところまでを問う「実技問題」を実施することにより、より実践的な能力評価を行っています。就職・転職の際に、自分自身の保有能力を「資格」という形で証明するためにも非常に有効となります。

Microsoft Office 2013に完全対応、Office2013の実践的スキルを測定

サーティファイは、これまでMicrosoft社Officeソフトのバージョンアップに伴い、順次各バージョンに対応した認定試験を提供して参りました。 今回、Microsoft社が2013年2月7日に発表した次期Office総合ソフト「Microsoft Office 2013」にも、いち早く対応し、2013年11月よりOffice 2013に対応した試験の提供を開始しています。
Office2013に対応した各試験は、Officeに関する基礎知識はもちろんのこと、Office2010からのバージョンアップにより追加された新機能についてもスキルを測定します。

ステップ式にスキルを習得し、オフィス・マスターを目指す

Word文書処理技能認定試験は、Wordの基本的な活用能力を測定する3級から、段組みやスタイルの作成、目次や索引の作成といった応用的な活用能力を測定する1級まで、その保有スキルに応じてレベル別に認定する試験となっています。また、Word1級以外にExcel、Access、PowerPointの最上位級を取得された方にはビジネスアプリケーションソフトウェアを活用する総合的なエキスパートとして、「Certify Office Master」と認定し、認定証と認定カードを発行しています。

認定会場は全国に1,500団体以上、平成20年度より公開試験を本格実施

ソフトウェア活用能力認定委員会が認定する会場は、全国的に増加を続け、現在では1,500団体を超えています。認定会場にはパソコンスクールも多く含まれ、それらの会場では試験に対応した講座が随時開講されています。また、受験を希望される方々からのご要望により、平成20年度より全国の主要都市にて公開試験を開始いたしました。

資格取得の前に模擬問題に挑戦!本試験のレベルを確認できます。

模擬検 模擬検APPストアからダウンロード!!

プライバシーマーク

ページの先頭へ

Copyright(C) 2007-2015Certify Inc. All Rights Reserved.