ビジネス著作権検定

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ログイン
  • 本試験レベルの問題を擬似体験
  • 資料請求はこちら

サンプル問題はこちら

ビジネス能力認定 サーティファイ

MENU

お問い合わせ

よくある質問

活用事例

日本工学院専門校 クリエイターズカレッジ

日本工学院専門校 クリエイターズカレッジ
カレッジ長 佐藤 充 先生

貴校の「著作権教育」の取組についてお聞かせください。

クリエイターの育成教育の中で、自分達が作った物への著作物の認識や他人の著作物対するリスペクトを含む著作権を理解してほしいとのことから、著作権教育を積極的に取り入れています。21世紀のデジタル化に伴い、誰もがコンテンツを簡単にコピーできます。同時発信媒体のマルチメディア化によって、情報の多様化が現実にあることを知り、今後クリエイターを目指す学生は意識をする必要があると思います。
そのためには著作権教育が必要と考え、取り組んでいます。

「ビジネス著作権検定」の活用方法についてお聞かせください。

入学前のオープンキャンパスの段階で自分達で作ったものに対する権利について伝え、入学当初、全員に「ビジネス著作権検定Basic」を受験することで、著作権に対する意識づけを二段階で試みています。又教員も全員受験することで、力レッジ全体として著作権に対する認識を持っているとの意思表示にもつなげています。

「ビジネス著作権検定」を受験する事のメリットについてお聞かせください。

やはり履歴書に記載できる点だと思います。但し、単に履歴書に記載するだけではなく、面接時、この検定について問 われた際、どのように答えるかが重要だと思っています。本人からこの検定を受験している理由を伝え、著作権に対し意識して制作をしていることをアピールできることが重要だと思っています。よってBasic級とはいえ、履歴書に記載することは大事だと思います。

今後受験を考えている学校様にメッセージをお願いします。

情報グローバル化により、世界中の方々が各コンテンツに対し関心を示す時代の中、自らが制作したコンテンツが、簡単に奪われてしまうかもしれないという意識を持つことは重要です。クリエイターの権利を守るためにも、著作権は意識すべきだと思いますし、コンテンツを扱う教育関係や企業についても、学ぶべき分野であり、同様の認識をもっていただきたいと思います。「ビジネス著作権検定Basic」は高校生も必須にしていい時代だと思います。(むしろ中学生くらいから積極的に取り入れるといいでしょう。)若いうちに理解してないと大変な事故になる可能性がある時代なので、早い段階から勉強すべきであることを、伝えていけると良いですね。

日本工学院専門校 クリエイターズカレッジ
放送芸術家 主任 上遠野 順子 先生

貴校の「著作権教育」の取り組みについてお聞かせください。

クリエイターズ力レッジでは、入学後、早い段階で「著作権教育」を行うことになっています。特に私が担当している放送芸術科では、導入教育期間の4月中に全員に「ビジネス著作権検定Basic」を受験させています。

「ビジネス著作権検定」の活用方法についてお聞かせください。

入学してすぐのタイミングで検定を利用することで、今後取り扱うコンテンツには「著作権」が関係することへの「意識づけ」のよい機会になると同時に、資格を取ることで就職への意識が高まります。

「ビジネス著作権検定」を受験する事のメリットについてお聞かせください。

やはり就職活動時に履歴書に書けることですね。特に昨今の企業はコンプライアンスの意識を持てる学生を望んでいますので、検定を通じて著作権を 学習したことをアピールできるのは大きな武器になります。
又さまざまなコンテンツが増えてきて煩雑になっている中で、自分が知らないうちに加害者になったり被害者になったりしない為に、自分が携わった著作物を守る、という意識を持たせる事ができます。この点でも検定試験合格は企業側へのアピールに役に立っています。
クリエイター系の学生にとって、法律系の学習は苦手な人が多く、著作権の授業開始時は退屈そうなのですが、検定受験後は「もっと勉強したい」、「もっと知りたい」と興味を持ってくれる学生が多くいます。授業もTV、音楽、又お金に関することなど身近な話を例にしたり、オリジナルの学習資料を作るなど、なるべくわかりやすく楽しい授業を心掛けています。

今後受験を考えている学校様にメッセージをお願いします。

現代においては映像・アニメなどのコンテンツだけではなく、どんな業界にも著作権の問題は絡んでくると思います。著作権教育は学生が社会人になるまでのコンプライアンスへの意識付けとして役立つのではないでしょうか。「ビジネス著作権検定Basic」を使い著作権を学ぶことで、著作物の取扱をしっかり考えるようになり、学生達の作品制作を安心してみることが出来るようになりました。又、資格を取ることで自信をつけ、彼らの考え方も少し大人になった気がします。




プライバシーマーク

Copyright(C) 2007-2017Certify Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭へ