早速ですが、この問題の答えがわかりますか?

早速ですが、この問題の答えがわかりますか?

問1.小学生が授業で書いた読書感想文は著作権で保護される。○か×か?

  • ○はこちらをクリック
  • ×はこちらをクリック

答え:○

他の問題も気になる方にはサンプル問題を用意しています。 サンプル問題を解く

身近で連想しやすい事例を用が中心なので、著作権の全体像を理解することに役立ちます。

はじめて学ぶ学生の方でも無理なく学べる新しい著作権教育ツール

上記のような問題を【ビジネス著作権BASIC】では出題します。
受験者にとって身近で連想しやすい事例を用い、著作権に関する「基礎分野」を学習していただく事で、先生方の指導が行いやすくなるだけでなく、
はじめて学ぶ学生の皆様でも無理なく著作権の全体像を理解することができる新しい著作権教育ツールです。
新入生の「導入事例」や専門分野の学習を始める前の「情報モラル教育」、「クリエーターとしての意識養成」など、著作権を知り、活用できる人材の育成に向けて、【ビジネス著作権検定BASIC】をぜひご活用ください。

はじめて学ぶ学生の方でも無理なく学べる新しい著作権教育ツール

無理なく、著作権の全体像が学べるので、

著作権は難しい?と考える学生の方々、どうやって教えようか?と悩む教育機関の方、学生の理解力を上げたい
教育機関の方

そのようなお悩みを著検BASICで解決できます。

検定受験の資料請求はこちら

著検BASICをきっかけに、上位級へステップアップ

著作権教育指導例

著作権教育指導例

著作権教育をPDCAに順応させ、CHECKの局面で検定試験を活用することで、より効果的に著作権の知識が習得できます。

PDCA

教育サポートのご案内

教育現場の課題解消のお手伝いをいたします。

「指導者養成セミナー」「指導者用テキスト」「講師派遣制度」

著作権教育を行いたいけれど指導できる教員がいない・・・
指導しているが著作権を正しく知っているのか自信がない・・・など
サーティファイが教育現場の課題解消のお手伝いをいたします。
希望される皆様には詳細な著作権指導の実施提案書をお渡ししております。詳しくはサーティファイまでお問い合わせください。

教育サポートのご案内
教育サポートのお問い合わせ

著検BASICサンプル問題のご紹介

BASICは、は、身近で連想しやすい事例を用い、著作権に関する「基礎分野」の学習ができます。
サンプル問題を解く
検定受験の資料請求はこちら

著検BASIC試験概要・学習教材

試験概要

試験概要 日常生活において著作物を扱う際、トラブルを起こさないために知っておきたい
著作権制度の初歩的・入門的な知識を持っている。
認定基準 得点率65%以上で合格 試験時間 50分
受験料 4,100円(税込)※団体還付金につきましてはお問い合わせください 学習時間目安 10~12時間
設問数 25問 正誤判別(○×)問題:15~20問、四肢択一問題:5~10問

※ビジネス著作権検定BASICは「団体受験」のみの対応となります。
 「団体受験」について詳しくはコチラをご参照ください。



学習教材のご案内

ビジネス著作権検定®BASIC 初級公式テキスト

ビジネス著作権検定®BASIC 初級公式テキスト

平成26年より新設された入門者向けの級「BASIC」の学習範囲も網羅して、よりわかりやすくなって登場。
著作権について身近な事例と豊富なイラストで学習できる。著作権法条文を収録した小冊子も付属。

  • ■価格:2,000円+税
  • ■B5判 180P / 条文B5伴36P
  • ※一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会 編著
購入する(個人の方)ウイネットホームページへ 購入する(教育機関・企業の方)ウイネットホームページへ

ビジネス著作権検定 BASICNEW

検定受験の資料請求はこちら
ツイート